とあるデリヘルの日常

私は東京都の風俗街吉原でデリヘルを提供している店長です。吉原の風俗と言えばデリヘルではなくソープのイメージが強いかもしれませんが吉原にもデリヘルはあり、需要もあります。ソープは本番がありますが、同時に性病に感染する危険性もググッと高まるのです。その点デリヘルなら基本的に本番行為は禁止されていますが、性病にかかる心配はありません。さらに本番を満喫できなかったとしても吉原のデリヘルではソープに負けないサービスを提供するために、しっかりとした指導の下で素股やフ〇ラで極上の快楽を提供しています。少なくともうちのお店はそうです。

なので吉原へと足を伸ばすつもりなら、わざわざ駅から大移動をしなくても周辺のホテルでデリヘルをお願いして、吉原でテクニックを磨いた女の子を派遣してもらうという選択肢もアリです。私のお店では「空を飛んでいるような快楽を素股で得よう!」をコンセプトにしており、実際に利用したお客さんの中にはソープで本番をしていたヘビーユーザーだったにもかかわらず、当店の素股へとシフトチェンジした人もいます。本番主義の皆さんも一度は当店を訪れて空を飛ぶような素股を体感してみてください。

さて、私はデリヘルの店長をやっており、本当の親しい友人にだけ身分を明かしているのですが皆さんの羨むようなことは滅多に起こりません。もちろん私の容姿がそれほど整っていないというのもあるかもしれませんが、若い男の従業員でさえ恋愛関係に発展したことはないと言っているので女の子側は従業員に門を開いているわけではないようです。しかし、皆さんのように客として訪れた人には恋愛の門を開いている傾向にあります。実際に利用客と付き合ったり、結婚したりしてお店に来なくなってしまった女の子を何人も見てきました。そんなときお店側としては賠償金をお客さんに請求する手はずになっているのですが、私の中で女の子に嫌われたくない気持ちが強くて請求したことは未だに皆無です。だから女の子も調子に乗って男を作って辞めていくのかもしれませんが、私はまったく気にしません。実は私のデリヘル店にはビッグ4と呼ばれるうちの看板娘が4人おり、4人でお店の売り上げの半分弱を担っていると言っても過言ではないからです。ビッグ4の凄いところはお客さんと付き合ったり結婚したりしても辞めることがないことです。だからこそ私は他の女の子が恋愛で辞めていってもそこまで気にすることなく平常心でいれるのです。

デリヘルの店長と言えば講習の相手となる場合が多いと予想している人がいるかもしれませんが、お店によって異なります。お店によっては講習よりも現場での実践あるのみと考えていきなり現場へと派遣するお店もあります。ただし私のお店は空を飛ぶような快感を素股で得ることをコンセプトにしているので当然講習があります。普段の生活の中で素股をする機会はほとんどの女の子はないので、1からしっかりと教えていかなければならず非常に大変な労働です。講習は2時間ぐらいかけて行うのですが、もしもその間に射精して精子を放出してしまった場合、私のお店では女の子に謝礼を払う決まりとなっています。無意識のうちに男を満足させればお金が手に入るという考えを刷り込ませているのです。講習では吉原のソープに負けないように所作や言葉遣いから始まり、キスの仕方、フ〇ラのやり方、シャワーでの身体を使ってのサービスなど隅々まで丁寧に教えます。特に須又は1時間かけてみっちりと指導を行います。様々な体位でサービスすることでまるで挿入しているかのような錯覚を起こして空を飛ぶような快感を得てもらうために時には厳しく、時には優しくアメと鞭の要領で一人前のデリヘル嬢へと成長させるのです。今日もこれから講習で自慢の素股を覚えてもらってきます。

いつか最高のデリヘルに

いつか最高のデリヘルに巡り合う日が来ることを信じているのですが、中々巡り合うことの出来ないまま20歳から利用を始めて気が付けば12年。私も30歳に到達していました。30歳までには結婚をすると幼い頃から描いていた将来設計プランは、懲りもせずデリヘルを利用した日に何の回想もないまま過ぎ去っていきました。こうなったらデリヘルで働く女の子と結婚してやると心に決めてここ2年間はデリヘルを婚活兼欲求発散の場として利用していたのですが、デリヘルで働く女の子たちは尻軽のわりに固い女の子が多くて、恋愛関係に発展することはありませんでした。

こうなったらデリヘルと結婚すると決めて1か月前に婚姻届にデリヘルと記入して市役所に持って行ったのですが、私が心を込めて描いた書類は私の目の前でビリビリに引き裂かれてしまいました。この国には人権というものはないのか、世界には木と結婚した人もいるというのに…と嘆きトボトボと自宅へと帰ってデリヘルを利用しました。

こんな風に心がズタズタに引き裂かれた時、私が決まって利用する風俗店はSM専門のデリヘルです。もちろん私がSでMな女の子をいじめ倒します。どんな命令にも応えてくれるM女は私の中に眠る征服欲を満たしてくれると同時に性欲と共にストレスを発散してくれるのです。私は普段からSというわけではないのですが、この時ばかりはSとして君臨することによって女の子を支配して満喫します。オススメのM女の楽しみ方としては、M女に責めてみろと要求すること、自分のやりたいようにやる女王様と違ってM女は男性サイドの命令も聞いてくれるので女の子を支配しながら責めて貰うというSでもMでも両サイドで楽しむことができるのです。M男だけど女王様にいきなり調教されて無茶苦茶にされることが怖いと感じている人は、ソフトSMとして入門しやすいでしょう。

私はこのようにシチュエーションを分けてデリヘルを使いまわしています。まぁデリヘルは事実上結婚しているようなものなので言ってみれば各地域に妻がいる一夫多妻制のようなものですね。そんな私が未だに色んなデリヘルを利用し続けている理由ですが、冒頭でも言ったようにズバリ最高のデリヘルに未だ出会っていないことが理由として挙げられます。デリヘルも私が通い始めた12年で大きく発展したのですが、私の求めるデリヘルの条件を満たしてくれるお店は中々ないのです。先ほど言ったSM店もそうですが、巨乳やぽっちゃりなど体型に特徴を持った女の子が集うお店、女子高生やナースなどのコスプレをメインとして扱っているお店、痴漢やレイプなど現実では犯罪であるような男の願望を叶えてくれるお店などが確かに存在しています。しかし、私の願望を満たしてくれるお店はいまだに巡り合うことはありません。私がデリヘルで満たしたい欲求、それは普段の生活で利用しているような場所での性行為です。待ち合わせ型のデリヘルでは駅等で待ち合わせをして飛びっこで楽しむことができるかもしれませんが、もっともっと色んな場所で色んな性行為をしたいのです。つまり、デリヘルが現在サービスを提供している場所は自宅やラブホテルに限られていますが、もっと私たちの生活に密接した場所での行為を行ってもいいのではないかということです。例えば私が普段働いているオフィスですが、夜は誰もいないので自由に忍び込んで行為を行っているカップルがいる話をよく聞きます。他には障がい者用の公衆便所ではお金のない高校生カップルが致していますし、カラオケや満喫はお金のない人たちにとってちょっとしたプレイルームとなっているのです。そうした場所でデリヘルを利用して、ばれるかばれないかのギリギリ感を味わうということが理想です。いつかそんなデリヘルができることを期待しつつ、今日も自宅に妻を呼びたいと思います。

仙台デリヘルがハイレベル

デリヘルで働く性欲パンパンの人妻

私はデリヘルで働いているけど普段は専業主婦をやっている者です。人妻と言えば男性からの聞こえはいいのかもしれないけど、誰かの物であると縛られているみたいで私は人妻という呼称に対して少し嫌悪感を抱いています。そりゃあとっても素敵な旦那さんがいてその人の物と言われるのは悪くはないかもしれないけど、私の旦那はそこまで誇れたものじゃありません。お金を稼ぐ才能はあるのかもしれないけど、他の才能は皆無に等しく、特に夜の才能に関していえば最悪の一言です。私は旦那との性行為で満足したことがありません。だからこそ悶々と過ごし続けて溜まりに溜まってパンパンに膨れ上がった性欲を解消するために、人妻専門のデリヘルで働き始めたのです。

旦那にはもちろんデリヘルで働いていることは内緒ですが、男性の方の精子を浴びて性欲を発散していく私がどんどん若くなって綺麗になっていく姿に少しは疑問を感じているみたいです。でも「最近エステ行っている?」なんて聞いてくるあたり、まだまだばれることなくデリヘルで風俗嬢として活躍していけそうです。

人妻専門のデリヘルということで風俗嬢の年齢層は高めで待機部屋では井戸端会議のように楽しくおしゃべりしています。また年齢層が高い風俗店だということもあって利用するお客さんの年齢層も高め、ということはなくて若くてピチピチの大学生や若手社員が頻繁に来店してくれます。若いエキスを得ているから私も若返っているのかもしれません。

旦那と違って20代前半の彼らの元気はあまり余っている状態。私が何をするわけでもなく勝手に大きくなったアソコを自慢のテクニックで数十秒でイカせたときには、自信が付きます。しかし、せっかくイカせたとしても油断ならないのが若さという武器。精子を放出した後の脱力感を味わうことなく、すぐに復活させると猛然と私を攻めてくるのです。決して熟練のようなねっとりとしたテクニックがあるわけではないのですが、元気をそのまま私にぶつけてくる彼らの攻撃に私もタジタジで最終的にはイカされることもあります。

よく人妻専門のデリヘルでは本番のみならず中出しすらもすることが可能であるという話を聞きますが、『事実じゃないこともない』と言っておきます。確かに中出しがOKな人妻もいますが、中出しはNGな人妻もいるのです。私もその一人で本番はいいけどしっかりとゴムをつけてもらって中出しを防いでいます。性病を防ぐというのもあるけど、やっぱり子供ができてしまった時のことを考えると恐ろしくてとてもじゃないけど許可はできません。まぁ本番に関していれば、人妻と言っても金銭目的と欲求を満たすために入店した人がいるのだけど、後者の理由で入店した人ならセックスレスである場合が多くてアソコを欲して自ら挿入することもあるかもしれません。でも金銭目的の人に本番交渉を迂闊にしちゃうとお店に通報されて少し痛めつけられる可能性もあるので、デリヘルでやってきた人妻を見て本番交渉をしてみてくださいね。

一番良いことは流れるままに挿入することだけど、私たちのような欲求不満を愛撫で満足させて、挿入してほしいと思わせるほどのテクニックがあれば可能です。そんなテクニックも持たない人は出直してください。ただしどんな風俗でもそうかもしれませんが何度も指名している内に、人妻が懸命に満足させようとしてくれるあなたの姿を見て母性のような愛情が芽生えることによって、挿入を許可してくれることもあるのでよかったら指名し続けてくださいね。ちなみにだけど私もそのうちの一人で、品川当たりのデリヘルでもしも私を指名し続けてくれる人がいたら、挿入も許可しちゃうかもしれません。

デリヘルローラー大作戦

各地域の風俗を知る一番の方法は実際に利用してみることである。

この考え方はもっともらしく一瞬正しいと判断されてしまいがちだが少し間違いがある。それは風俗は一店舗毎にコンセプトもジャンルも異なっているので、一店舗利用したところで各地域の風俗が優れているか否かの判断をすることは出来ないのである。業態だけで言えば、店舗型ヘルスにデリヘル、ホテヘルやソープ、そしてピンサロなどがあり、ジャンルやコンセプトに至っては、家庭教師や人妻、巨乳など男の妄想ある限り、ジャンルは永遠に増えているのだ。そこで各地域の風俗店を知るための最も効率的な方法がある。それは私が行っているデリヘルローラー作戦だ。

この作戦の最大のメリットは移動時間を省くことができることだろう。デリヘル以外のホテヘルやソープなどを利用すると、どうしても店舗間の移動でタイムロスが発生してしまうだけでなく、サービスとサービスの間に移動しなければいけないので休むこともできない。その点デリヘルならば、電話一本で女の子がすぐに到着するので移動をする必要もない上に、呼んで待っている間にホテルや自宅のベッドで身体を休めるということも可能なのだ。風俗で体力を消耗したとしてもそのまま寝てしまうことも可能なので、各地域の風俗事情を知るのならデリヘルを利用すべきだ。

各都道府県では条例が厳しくて中々店舗型のお店を出店させることができない場合が多いのだが、無店舗型のデリヘルはあらゆる都道府県で信施が受理されやすい傾向にあり、どの地域であっても複数のデリヘルを楽しむことができるので簡単に比較することができるだろう。近年では2020年の東京五輪に向けて風俗業界も気合いが入っており、数多くの特殊な風俗店を楽しめる傾向にある。

実は先日も東京のデリヘルの聖地である品川でデリヘルローラー作戦を実施したのだが…全部の店舗をまわり切ることはドーピングでもしたとしても不可能だった。それほど品川エリアにはデリヘルが多いのだ。しかし品川のデリヘルの傾向をある程度は掴むことができたのでここで発表したいと思う。

品川デリヘルの特徴は何といっても、風俗嬢の年齢層が渋谷や池袋など他の風俗店よりも高いことだ。しかし、安心してほしいのは少し高いだけだということだ。40代50代のおばちゃんがサービスを提供するというわけではなく、アラサーと呼ばれる人生の中で最も性欲が高まる時期を迎えたエッチなお姉さんが数多く揃っている。女の子の職業はビジネス街である品川で働くOLや高級住宅地高輪で暮らしている人妻がやや多い印象を受けた。人妻と遊びたいなら平日の昼間、OLと遊びたいのなら金曜日の夜から朝まで、もしくは土日にデリヘルを利用することで遊ぶことができるだろう。

しかし、私が品川のデリヘルで遊ぶべきだと思う女の子ははっきりと人妻であると断言できる。なぜなら人妻との性行為はいけないことをしている感がMaxに楽しめるだけでなく、お店を通して遊んでいるだけなので旦那と鉢合わせする心配もないのだ。安心して背徳感を味わうことができるのは何にも代えがたいことだろう。また、高輪の人妻は金持ちの旦那さんを持つ人が多いのだが、性生活に満足を得られないためにデリヘルに勤務している場合がほとんどだ。そのため淫乱で自ら男性器を欲するような変態人妻ばかりである。少し触ったりキスしたりするだけで濡れてしまうので、話術次第ではデリヘルなのに本番行為をできる可能性を秘めている。話術すらなくてもひたすら濡れている部分に自身のムスコをこすりつければ、自然と挿入の流れになる可能性も大いにあるだろう(2人ぐらいはそれでできた)。

品川のデリヘルを利用するなら平日の昼間に来て人妻との背徳プレイを楽しむことをオススメする。
品川デリヘルで人妻を満喫